なすノート

30歳から始めるブログ:30代で必要なノウハウ、教養、ボードゲーム

「家事の外部委託」で時間の無駄をなくす方法。お金と時間の関係を考えてみた。【共働きのための時間活用術】

f:id:nasukusu:20170707222551j:plain

昨年大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」では、主人公のみくりと平匡は、「雇用主と従業員」という関係で、「契約結婚」するという一風変わった内容で話題になりました。主婦という役割を、仕事と定義して、その意義を問いかけた作品として、非常に考えさせられる部分もあったと思います。

 

自分も大好きで毎回かかさず見てました。同じ30代の登場人物と重なる部分、共感する部分も多く、非常に楽しめました。

 

なぜこういう話をしたかというと、家事は仕事であり、そこにはお金と時間が絡んでいる話がしたいからです。

 

 

  

家事を外部委託するということ

外部委託とは簡単にいえば、人に頼んで(お金を払って)やってもらう仕事ということだ。

 

企業であれば、自社でやるより賃金の安い下請け(例えば、海外なども)に出すとか、専門性の高い企業に依頼するなどの意味で、外注とかアウトソーシングという言葉も多く使われていると思います。

 

これを一般家庭に置き換えて考えてみようというのが、この記事の主題です。

もちろん「逃げ恥」のように、家事代行するための人を雇うということも一つの外部委託です。でも、それってドラマの話、お金持ちの話って感じで捉えがちですよね。でも、外部委託ってそれだけじゃないと思います。

 

家事って本当に時間がかかります。

f:id:nasukusu:20170707223934j:plain

特に、自分が仕事をしている場合は、家事にかける時間は大きな負担ですよね。夫婦であっても、片方が主婦(主夫)でないかぎり、お互いの休みを削って家事をすることになります。

 

私は両親は共働きでしたが、部屋の片付けや洗濯物が溢れかえって手がつけられない状態が恒常化していました。仕事、子育て、家事をすべてやり切るのは中々ハードな生活だと今なら思えます。

 

その家事、本当にあなたがやったほうがお得ですか?

僕も妻と共働きですが、非常に大変だったのが、毎日仕事で着ているワイシャツのアイロンがけでした。しわしわでも関係ないと思えば、不要な仕事かもしれませんが、うちの妻はそれが許せないたちなので、一生懸命アイロンかけてくれました。もちろん、自分でやることもあります。でも、アイロンがけって、結構時間かかるんです。1枚につき、15分〜20分程度。1週間に5枚あるので、大体1時間〜2時間程度。たまになら許せることでも、毎週のことならうんざりしてきます。

 

これを、外部委託することを考えましょう。つまり、クリーニングに出してやってもらおうということですね。

 

クリーニングはワイシャツ5着で1000円ほどかかりますが、これにより1週間で、1〜2時間の時間を節約できますね。仕事で1〜2時間も残業すれば、1000円程度すぐ稼げるでしょう社会人であれば、1時間という時間も貴重なものなので、1000円で1時間が変えるとしたら、とても安いという感覚にもなります。共働きであれば尚更、外部委託したほうが、圧倒的にお得ですね。

 

※ちなみに、クリーニングできる場所が遠いとあまり効果はありませんね。

 

仕事とは時間を切り売りしているのだということ

f:id:nasukusu:20170707224118j:plain

世界一貧乏な大統領として有名な、ウルグアイのムヒカ大統領の言葉にこんなものが有ります。

人は物を買う時は、お金で買っていないのです。そのお金を貯めるための人生の裂いた時間で買っているのですよ

 

これは自分にとってはものすごくはっとさせられた言葉です。極言すれば、仕事とは、自分たちの大切な時間をお金に変換する行為であるということです。家事をするという行為も、これと同じじゃないかと思います。

 

でも逆に、お金で時間を買うことも出来ます。さきほどのクリーニングの話もそうですね。

家事と切り離して考えれば、電車に乗るとか、自動車で移動するという行為も、歩いて行くことに比べれば、移動時間の短縮できます。これはお金で時間を買っている、ということもできますね。

 

つまり、僕たちは、仕事で自分の時間を高く売り、電車などを使うことで他で時間を安く買うという行為を行っているともいえますね。だからこそ、家事もその中の一つとして考えていきましょう。

 

外部委託できる家事とは?

f:id:nasukusu:20170707224234j:plain

  1. 洗濯、乾燥、たたむ、アイロンがけ
  2. 料理
  3. 食器洗い
  4. 買い物
  5. 掃除
  6. 育児

 

これら全ては以下に代替することが可能です。

  1. クリーニング
  2. 外食(レストランやコンビニ等)、デリバリ
  3. 食洗機
  4. 買い物代行、ネット通販
  5. ハウスクリーニング
  6. ベビーシッター

 

部分的に外部委託もできるし、以下のように大部分を業者に頼むこともできます。下記の代行サービスだと2時間1万円くらいのコストになるので、金銭的負担も結構気になります

 

家事代行サービス

 文字通り、家事を他人に委託する形のサービス。家政婦を一時的に雇う感覚ですね。経験豊かなハウスキーパーに任せられるので、時間の節約と合わせて、家事のクオリティも高くなります。主な業者を紹介。

 

タスカジ

1時間1500円とお得。マッチングサービスなので、ハウスキーパーによって差が大きくなる可能性がありそうですね。猫の手も借りたい状況なら、ここがいいかも。

 

taskaji.jp

CaSy(カジー)

1時間2190円とお得な家事代行サービス。タスカジよりも高めに見えますが、人の質は高いようです

 

casy.co.jp

 

ダスキン

時間制ではなく、1回毎の支払いになります。1回が1〜2万円とするので、隔週~月1くらいでお願いすると良いかも。

www.duskin.jp

 

 

家事は電化製品に任せる?これも一つの外部委託

家電も外部委託の一つと考える事ができます。ここでは、特にオススメな家電を紹介します。

 

食器洗い乾燥機

 コレは人によりますね。確かに便利だけど、自分の手で綺麗にしたい人には向かないかも。自分は、ちゃちゃっとやっちゃいたいタイプなので、持っていないです。

人によっては、ないことが考えられないくらい当たり前の家電のようです。

 

 

ロボット掃除機

とにかく、床掃除は毎週・毎日のようにやらないとすぐに汚くなります。といっても、重い掃除機をわざわざ出してくるのはしんどい。そんな中で、ロボット掃除機という存在は助かりますね。

 

 

フードプロセッサー

料理の下準備が一番大変ですが、それを簡単にしてくれる道具も数多く出てます。フードプロセッサーは、今や主婦(主夫)の味方としての地位を確立しているのではないでしょうか。

 

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

 

 

 万能調理器具

バルミューダの万能調理器。電気炊飯器として売っていますが、煮込み料理などにも使えます。シャープのヘルシオも、自動調理鍋という名の通り、様々な料理をコレ一つでこなせる便利器具です。これから、このジャンルの家電がどんどん増えていくのではと予想しています。

 

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 1.6L レッド KN-HT99A-R

シャープ ヘルシオ(HEALSIO) ホットクック 水なし自動調理鍋 1.6L レッド KN-HT99A-R

 

 

 買い物

f:id:nasukusu:20170707222530j:plain

イトーヨーカドーのネットスーパー

言わずと知れた存在じゃないでしょうか。普段のスーパーと変わらず、使えそうです。配送料は315円かかりますが、自動車でスーパーに行くと思ってガソリンを消費した分の料金と考えれば、それほどでもないですね。一定額以上で無料というサービスもあるので、確認してみてください。

 

www.iy-net.jp

 

比較サイトもあります。

www.net-super.info

 

Amazonパントリー

ネット通販でも日用品を宅配してくれるサービスなどを利用すれば、特に負担なくできると思います。Amazonユーザーなら、気楽に買えますね。定期便もあるので、何もせずとも買い物出来てしまいます。

 

www.amazon.co.jp

 

 

 外部委託はいくらかかる?世間的における考え方 

ホリエモンが月2万円で家事代行は可能と言った、という記事がありました。月2万円という数字はおいておいて、家事というものは自分がしなければならない、と言うのは固定観念で、ある程度は少なくとも外部に委託できるということは共感できます。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

だったら、現実問題いくらだったら、家事全部をアウトソーシングできそうか書かれているブログも興味深いです。結論としては、週1頼むなら、2万円で十分外部委託可能ということでした。100%外部委託じゃなくても、多少の妥協点を探っていけば、自分たちのライフスタイルに合ったやり方が見つかりそうです

 

sachiko.taskaji.jp

 

 

まとめ:家事だけではなく、あらゆるものを外部委託化できる時代

現代に生きる我々は、実は外部委託できる時代に生きています。

冷蔵庫を持つ代わりに、近くのコンビニを利用する、ということも一つの外部委託ですね。冷蔵してもらっていて、ほしい時にお金を払って、取り出すという考え方です。

コレを突き詰めると、実はミニマリズムという考え方にもつながっていくのですが、ここではそこまで踏み込まないことにします。

 

何にせよ、お金と時間の関係を真剣に見つめなおすと、結構外部委託できそうなことって多そうです。