なすノート

30歳から始めるブログ:30代で必要なノウハウ、教養、ボードゲーム

ディズニー・バケーションパッケージって何がお得?メリットは?

f:id:nasukusu:20170719232431j:plain

ディズニーでホテルを予約する場合は、ツアー会社などで予約をとってると思いますが、実は公式でも予約することが出来ますが、チケットと一緒になったツアーパッケージもあります。

バケーションパッケージ」というもので、様々な特典がつきます。決して安いものではないですが、ディズニーをストレス無く楽しむためには、とてもオススメなプランです。

私も、バケーションパッケージを利用していて、その中で感じたことなどを書いていきます。

 

 

バケーションパッケージとは

f:id:nasukusu:20170719232511j:plain

バケーションパッケージとは、ディズニー公式が提供するツアーパッケージのようなものと思ってもらえればよいです。基本的には、宿泊とチケットが一緒になったものですが、プラスアルファとしてオトクな特典もついています。必ずしもお得なパッケージプランというわけではなく、快適にディズニーを楽しめるプランと考えたほうが良いでしょう。

様々なプランが用意されていて、アトラクションに特化したもの、ショーの鑑賞に特化したもの、ファミリー・カップルに特化したものなどがあります。

どれにも基本的には以下のものがパッケージされています。

  • ホテル(ディズニーホテル、オフィシャルホテル、パートナーホテル)
  • マルチデーパスポート(2日間、2つのパークに入場可能)
  • ファストパス(プランにより、1枚〜5枚)
  • ディズニーリゾートライン フリーきっぷ2日券
  • ショー鑑賞券(鑑賞席予約)
  • レストラン予約
  • オリジナルガイドブック
  • オリジナルグッズ
  • フリードリンク
  • チケットホルダー

 

参考:東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト

 

予約が取りやすい?

実は、ホテルだけを予約するよりもホテルが予約しやすかったりします。パッケージのホテル枠があるようで、値段が高い分なのか、競争がそれほど激しくないのかもしれません。ただ、人気の部屋(特にホテルミラコスタ)はこちらでも激戦なので、注意してください。

 

ちなみに、ミラコスタの一番いい部屋(パーク側)がキャンセルしないか数ヶ月見ていた時期がありましたが、予約はほぼ空きませんでしたミラコスタの他の部屋もすぐに予約が埋まりますが、毎日みてれば、割りと空きが出ます。6ヶ月前から予約開始なので、日付が変わる瞬間に予約しないといけないんでしょうね。

 

dhotel.jp

 

バケーションパッケージの代表的なプラン

f:id:nasukusu:20170719232909j:plain

バケーションプランには、様々なものが用意されています。細かい部分も違いが有りますが、大きくはファストパスの枚数と、ショー鑑賞券の枚数が異なります

  • スタンダードプラン 2DAYSファストパス✕1枚、ショー鑑賞券✕1枚)
  • 「ワンス・アポン・ア・タイム」を楽しむ 2DAYSファストパス✕2枚、ショー鑑賞券✕2枚)
  • ナイトエンターテイメントを楽しむ 2DAYSファストパス✕2枚、ショー鑑賞券✕1枚)
  • ディズニーホテルに泊まってめいっぱいパークを満喫する 2DAYS(ファストパス✕4枚、ショー鑑賞券✕2枚)

※ カッコ内は、1人分の枚数

 

小さな違いでは、泊まれるホテル・部屋、予約できるショー、レストランが異なります。

 

バケーションパッケージの特殊なファストパス

ファストパスは、ディズニーリゾートに行ったことある人ならわかると思いますが、アトラクションの列に並ばずに、優先入場口から入ることのできる特別なチケットのことです。 これは、アトラクションの近くにある発券機で入手することができ、指定の時間になると、使うことができるものです。1度ファストパスを入手した後は一定時間は入手できなかったり、そもそもアトラクションごとに1日に出せる上限枚数があって、かなりの争奪戦になります。計画的に効率よくファストパスを取れたとしても、すべてのアトラクションをファストパスで賄うことは基本的には無理です。

 

 しかし、バケーションパッケージに最初からついているファストパスは、上記のものとは全く別物です。基本的に、どのアトラクションに乗ってもいいし、好きな時間に使うことが出来ます。時間に迫られることも、ダッシュしてファストパスを取りに行くひつようもありません。

 

ただし、バケーションパッケージのファストパスは2種類あって、全てに使えるタイプAと、人気の高い「トイ・ストーリー・マニア」と「ニモ&フレンズ・シーラーダー」は使えないタイプDに分けられます。タイプAがあるのは、アトラクション特化のプランくらいです。ただ、あっても1枚が上限のようです。どうしても、上記のアトラクションで使用したい場合は、タイプAがあるものを選ぶ必要がありますね。 

 

 参考:ファストパスについて

 

 バケーションパッケージの価格について

『ナイトエンターテイメントを楽しむ 2DAYS』を土日に予約することを考えましょう。9月頃に予約するとして、1泊2日の2人でホテルミラコスタに1部屋という計算で行います。

 

だいたい、トスカーナサイドの普通の部屋で、1人64,800円~80,500円くらいですね。

2人だと、129,600円〜161,000円になりますね。かなりの価格かと思います。

 

ディズニーアンバサダーホテルだと、60,200円~73,500円

東京ディズニーランドホテルだと、59,000円~77,800円

東京ディズニーセレブレーションホテルだと、48,200円~61,200円

 

オフィシャルホテルでも見てみると、

だいたい、1人50,400円~60,600円になりますね。多少は安くはなりますね。それほど大きな差はないので、好きな方を選ぶのが良いと思います。

 

 結局のところ、メリットはあるのか

f:id:nasukusu:20170719233531j:plain

値段だけで考えると、実は大きなメリットはありません。ディズニーでの行動パターンによっては、あまりお得でないこともあります。ここでは、自分がバケーションパッケージを利用した中で感じた、メリットとデメリットを紹介します。

 

マルチデーパスポートは微妙

1日にランドもシーもどちらもいけるパスポートですが、結局のところどちらかにしかいかないじゃないでしょうか。自分はそうです。疲れますし、時間ももったいないですしね。どちらに行くか決まっていないから当日気ままに行きたい、という方なら多少はメリットあるかもしれないですが、片方ずつしか行かないなら、むしろ割高です

 

ファストパスは抜群のメリット

これは、抜群にメリットが有ります。長い列に並んでいる人を横目に、素早く入ることができるので、とてもいい気分です。普通のファストパスと違って、時間の制約がないところもいいですね。普通のファストパスも取りつつ、合間にこのファストパスを使うという使い方が最も良いでしょう。

個人的な体験ですが、ディズニーシーなら、2日弱ですべてのアトラクション、ショーを満喫しても、時間が余るくらい余裕で楽しめました。(ミラコスタの入場15分前に入れる特典を使ってますけどね。)

 

ディズニーリゾートラインフリーきっぷは不要

これは、ランドとシーやホテルをぐるぐるまわっている電車ですが、1日にそんなに使うこともなく、特にメリットはない気がします。ランドとシーを行き来したい人はとてもお得です。

 

オリジナルグッズは嬉しい

バケーションパッケージでしか手に入らないグッズが有ります。レアリティが高いため、ディズニーファンなら是非ともほしいですよね。

 

フリードリンク&チケットホルダーは便利&嬉しい

チケットホルダーはすごく便利です。またフリードリンクもお金を気にせず飲めるのは良いですね。ただ僕の場合は、売店でも並ばなければならないので、気軽にフリードリンクが飲めなくて、あまり利用できなかったです

 

レストランの予約が素晴らしい

当日に何の予約もなくレストランを使うとなると、アトラクション並みに待たされることになります。ご飯食べるだけで待つとか、どんだけのストレスでしょうかね。そんなことも、バケーションパッケージでは避けることが出来ます。事前に予約することができるので、アトラクションで楽しむことに時間を咲くことが出来ます。

 

ショーの観戦で優越感

特別観覧席で見ることが出来ます。ショーを見るために、何十分も前から並んでいる人を横目に、それより特等席で見れるのはバケーションパッケージの特権です。バケーションパッケージ以外にもレストランやホテル内などの特別な観覧席などはあるので、バケパでなければならないことはないのですが、それでもメリットには違いないと思います。

 

価格は高め 

以下を参照してみてください。価格的にはむしろちょっと高いようですが、レストランの予約優先度や、ファストパスなどのバケーションパッケージにしかないメリットによって、価値があるようです。

www.gengineer.net

more-disney.com

 

まとめ

バケーションパッケージの特徴や、メリット・デメリットについて書いてきました。個人的にはもう一度バケーションパッケージを利用したいと思っています。

 

 価格はお世辞にも安いとは言えないですが、年に何回も行かないディズニーであれば、ストレスなく楽しめるバケーションパッケージは、お値段以上の価値は確かにあると思います。

 

 子ども達や、恋人が待ちくたびれてストレスフルになっている横で自分も本当に楽しめるかどうかを考えると、多少の出費は……って感じれば、バケーションパッケージを是非利用してみてください。